メニュー

救急医療情報

救急医療を正しく利用するために

かかりつけ医を持ちましょう。病気の予防や健康に不安を感じた際に気軽に相談できる医療機関を持つことが大切です。専門的な治療が必要な際は他医療機関へ紹介することができます。
夜間や休日に発症した場合、発熱してすぐや症状が軽い時には自宅で様子を見て、それでも改善しなければできるだけかかりつけ医に受診してください。日頃から急な発熱や頭痛などに備え、解熱鎮痛剤(アセトアミノフェン:商品名 タイレノールなど)や感冒薬(葛根湯・麻黄湯)をご自宅に用意しておくことも大切です。ただし、我満できない症状の場合は躊躇せず救急医療を利用しましょう。

  1. お子さんの急な病気・けがの時の対処方法
  2. とちぎ救急医療電話相談
  3. 1次救急 その①
  4. 1次救急 その②
  5. 2次救急・3次救急
  6. みんなで救急医療を守るために

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME